産業医って何?主な業務について知っておこう

社員の健康を守る産業医

企業に勤めている社員の健康を維持管理することは経営者の義務として定められています。その義務を遂行するためにしばしば企業が雇い入れているのが産業医です。産業医の役割はその企業に勤めている社員の健康を守ることであり、健康診断の実施やその結果の通知を行うのが主な業務になっています。検査値を見て病院に通う必要性がある場合にはその連絡を行い、ストレスチェックで過度なストレスが溜まっているとわかった場合にはカウンセラーの手配をするといった形で社員の健康状態を維持するための手はずを整えるのが業務です。大きな仕事となるのが健康診断の実施であり、社員の人数や仕事の都合なども考慮して日程を定め、実施場所や実施方法についても決めています。

産業医には非常勤も多い

産業医は常駐で抱えている企業も多くなっているものの、非常勤の募集を行っている企業もあります。健康管理室などを設置して社員が気軽に相談できる福利厚生を提供している場合にはしばしば産業医の仕事となりますが、このようなサービスをしていない企業の場合には常に産業医がいる必要があまりない場合も多いからです。週に数回の勤務で十分に仕事をこなせることも多く、非常勤とした方が企業としてはメリットが大きくなります。健康診断の実施が主な場合には非常勤の産業医も置かず、派遣社員を獲得して実施してもらうようにしている企業もあるのが現状です。裏を返せば医師にとっては様々な働き方ができるチャンスがある仕事になっています。

医師の就職や転職は専門性が高いため、産業医の募集の場合も専門のサイトや窓口などで探すことになります。