マンスリーマンションは初めての一人暮らしでも手続き簡単

初めての一人暮らしは手続きがわからないもの

若い人がはじめて一人暮らしをするとき、もし何も知識がないままで引っ越しをしようとしても、所得証明、保証人、ガスの申し込み方法、電気・水道使用の申し込み方法など、事前に覚えておかなければならないものがたくさんあり、実は結構なものです。特にガスに関しては都市ガスとプロパンガスの2パターンがあり、何が違うのかどちらのガスを採用している物件を選ぶべきなのか混乱する人も多いと言われます。

マンスリーマンションは手続き簡単にすぐに入居可能

それに対してマンスリーマンションというもののメリットの説明です。圧倒的なシェアを占める某大手に関しては、住み始めるまでに色々な手続きが必要な賃貸契約プランとは違い、家賃に相当する部屋使用量を前払いすることにより所得証明は不要である上に、家賃は既に支払っているので保証人もいりません(緊急連絡先として実家の電話番号を書けば良し)。なのでこの時点でも、保証人さんになってくれるように誰かお願いをしたり、書類を書いてもらったりする必要がありません。その上、電気・ガス・水道も、あらかじめ家賃に相当する「部屋使用料」に含まれているので、各社に開通の申し込みや部屋を出る時に封鎖の依頼をすることもなく、早ければ入居申し込みをしてから数日で住み始めることが可能です。

マンスリーマンションに住みながら賃貸を学ぶのも良し

はじめて一人暮らしをすることが急に決まって、部屋を決めたり引っ越したりしなければならない場合、もし賃貸契約のことをまったく知らないで育ってきてしまった場合は、家賃前払い式で光熱費もこみ、保証人不要のマンションに半年から1年間くらい住み、その間に、一般の賃貸契約においてはどんな手順が必要になるのか、マンスリーマンションに住みながら覚えていくような形もおすすめです。

マンスリーマンションは1か月単位で契約・居住ができます。ホテルよりも比較的安価で、自宅同様に入浴や食事、入退室の時間帯も組み立てられます。機会があれば活用し、長期滞在をより快適に過ごしましょう。